上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
映画「君に届け」を見てだいぶ経つのですが思い出せる範囲で感想を。

これって少女漫画が原作で人気があるみたいですね。

私が去年、深夜にチャンネルをまわしたときちょうどアニメ放送の第一話がやっていて何気なく見ちゃったんです。

実はそのときから全話見てしまいました。

アニヲタではないけれど、でもいい話だったなぁ。

さて、映画の話。

だいたい、アニメで見たストーリーに沿って話が進んでいきます。

主人公役は多部未華子さん。

漫画やアニメのような細身じゃない、いや「細い」じゃなく「丸い」!

イメージが違う?

貞子っぽくはなかったのですがそれでもよかったです。

所々で主要な登場人物はとてもいい言葉を言っています。

人によってはクサイと思ってしまうのでしょうか?

まあ、でも私ははまってしまったクチでした。

そこの言葉を忘れてしまったのですが。

席のあちこちでは泣いたためか鼻をすする音が何度もありましたね。

自分の想いがちゃんと相手に届いているのか?

自分を考えると、うーん見習わなくてはと思ってしまいます。

青春だ、みんないい子たちだね。

心が温かくなる、涙が出ちゃう映画でした。

時々、多部未華子さんが山崎邦正に見えてきたのは気のせい(ファンの方ごめんなさい)?

映画館での上映は終わったみたいですね。
スポンサーサイト
2010.12.17 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ueninaniga.blog38.fc2.com/tb.php/40-f9179c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。